歯科診療所のよしあし

歯科診療所はコンビニエンスストアよりも多い約7万近い数があると言われています。

これでは患者はどこに行こうか迷いますが、そんな状況でも評判がいいところに多く患者が集まっている状況です。つまり、閑古鳥が鳴いているところがある一方で、受診に来ている患者が常に一杯である歯科診療所もあるということです。こうした二極化は、予防歯科など色々な対応が出来るところや、歯科衛生士の数が多いなどの特徴があるところに集中している感があります。

こうした医療機関の場合は、歯医者自身は治療が必要な患者に専念し、定期的に歯のクリーニングに来る患者は歯医者ではなく歯科衛生士によって主に対応をすることで、うまく役割分担と時間の有効活用、さらには患者の定期的な受診の獲得につなげています。歯医者が治療に専念することでその後の予後などのチェックも行う一方、歯垢の除去などは歯医者が出ていかなくてもスタッフに任せることで、人件費の抑制にもつなげているということです。こうした医療機関であれば、患者も安心して治療を受けられるように思い、また歯のトラブル時にはこの医療機関をまた受診しようということで、結果囲い込みにつながります。

患者が必ず受診しますから、安定的な経営が可能になっているわけです。こうしてうまく経営がいくところがある一方で、患者が来ずに毎月のように廃業に追い込まれている現状もあり、経営面での成否がその地域の歯医者の成否を占う状況になっています。
渋谷の歯医者のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *