歯科医院の現状と今後の展望

今の時代では、歯科医院というのがとてもたくさんある状態です。

ほぼ飽和状態ともいえるくらい、かなりあるので、その数はコンビニエンスストアの数をはるかに超えるくらいになっています。広い通り沿いには数件の歯医者が立ち並んでいることもあり、歯医者のむかえに歯医者があったり、隣り合わせになっていることさえもあるのです。そうなると、どこにかかったらいいのかと迷ってしまうこともあるくらいでしょう。

歯科医師がかなり過剰の状態になったのも、過去に一時期大学の歯学部が増設されてしまい、定員がかなり増加したことも影響しているといえましょう。私立の歯学部がかなり増えてしまったので、学費の問題も出てくることにもなりました。私立の歯学部では、6年間の在学中に3000万円以上もかかるのが普通であり、一般家庭ではなかなか進学させることができなかったりして、大学選びに苦労するということもあるのです。大学卒業時に受ける国家試験の合格できれば、研修医としての1年間の研修が入るようになります。

その後、歯科医師として仕事をすることができるようになるのです。今過剰になっている歯医者は経営が立ち行かなくなってしまうと、廃業することもあり、どこの歯医者でも工夫をしています。需要と供給のバランスから、今後もそういった状況が続くことが予想されますが、やはり腕のよい歯医者は経営をしっかりとしていくことができるようになるものです。よく見極めてかかるところを決めるようにするといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *