歯科医師になるために進学する大学とは

今の時代、医師人気であって医学部に進学したいという人が多いものです。

ですから以前に比べて格段にレベルが上がっている状況です。お金がかかるとしても、私立の医学部に進むことを希望している人さえもいるくらいです。中には医学部を諦めたり、親が歯科医師であったりする場合に歯学部に進学をするという人もいるのです。大学の歯学部というのは、かなり多浪生が多く、純粋な現役生が少ないといわれます。そこで、歯学部に進学をするのなら、どういったところがいいのかを考えて見ましょう。

歯科医師になるためには大学名はそれほど関係はありません。卒業するころに受ける国家試験に合格すればいいのです。歯科医師として働くためには、大学はどこでもよく、とにかくしっかりと学ぶことが大切なのです。国公立の大学では、北海道大学や東北大学、東京医科歯科大学などがあります。これらはかなりレベルが高いので、受験を突破するためにはかなり苦労することでしょう。ほかにも新潟大学や岡山大学、長崎大学などには歯学部が設置されています。

私立大学はかなりたくさんあるのですが、どこでも6年間の在学中に3000万円くらいはかかるようになります。ですから、経済的な面も考える必要があるのです。わりと知られているレベルの高いところとしては、東京歯科大学や日本大学、日歯、昭和あたりをあげることができます。ですから、自分のレベルと経済的な状況なども考慮しながら受験するところを決めるといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *