歯科医の現状について

近年の状況としては、歯科医師が過剰になっているといわれています。

街中や郊外に行っても、かなりたくさんの歯科医院を見かけるようになっています。その数はコンビニの数をはるかに上回るといわれており、大体1.5倍くらいの数になっているといわれます。ですから、かなりたくさんあって経営が大変になってしまうという事態に陥ったりするのです。かなりたくさんあることから、経営が立ち行かずに廃業に追い込まれる場合もあるのです。そうならないように、開業している歯医者では、いろいろな工夫をしているものなのです。

その一つとして、診療時間を長くしていたり、遅くまでにしているところが多くなったことがいえるでしょう。患者獲得のために、夜遅くまでやっているところが増えました。仕事や学校の帰りに寄りやすくして、来院しやすい雰囲気を作っているのです。土日祝日の診療も同様です。また、診療科目を数多く設置したり、少し変わった診療を専門とするような歯科医院も増えています。

一つの歯科医院で複数の診療科目を持つようになっていて、一般歯科だけでなく小児や矯正なども併せて持つようになっていたり、インプラントや矯正、審美などだけを専門に診療するようなところも増えているのです。さらには、一度来た患者がまた来てくれるように定期的にハガキなどを送って、来院を促すようなところがあります。そうすることで、定期健診や歯磨き指導ができたりして患者にもプラスになるというわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *