歯科は患者が選ぶ時代

歯科医院は患者が選ぶ時代になっています。

そもそも町の中の至る所に多くの歯医者があって、どこを受診するべきか迷うほどです。したがって、患者からの評判が高いところを積極的に受診するべきでしょう。また、患者からの評判だけではなく、その歯科医院に勤務する医療事務職の人や歯科衛生士などのスタッフの数が多いところを選んで受診することが大切です。スタッフの数が多いということはそれだけ稼いでいるわけで、患者数が多いことの証左にもなります。

患者が少なければ、そもそも歯科衛生士を雇用するという動きにはなりません。そのため患者側からすれば、できる限りスタッフの数が多く、口コミなどの評判が高いところを受診するように心がけることも求められます。歯医者側は、ただ待つだけではなく場合によっては訪問歯科診療を行うなどの対応も考えていくことが大切です。そのためには、その地域の需要をしっかりと見極める必要があります。地方では高齢者が通院したくても通院できないケースが相応にあるとされ、今後はこうした需要を取り込めるかどうかも一つのポイントとなるでしょう。

つまり、患者の争奪戦、奪い合いが発生しているわけで、その競争に負ければ最悪廃院をしなければならないわけです。患者に選ばれていくためにどうしていくのかを、歯医者側がしっかりと考えなければならない時代に入っています。患者は自分に合ったところかつしっかりとした対応をしてもらえる歯医者を選べばいいわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *