歯周病治療とメンテナンス持続の重要性

歯周病治療は長期戦であり、歯科医院でのケアが終わっても、良い習慣は継続をすることです。

歯周病治療の終了したあとには、定期的な歯科医院での歯周病のメンテナンスを継続していくことが、将来的な歯周病や虫歯を防ぐことにもなります。歯周病になってしまった頃のような週刊だと、また歯周病になる可能性があります。でも歯周病治療での経験をもとに、自宅でのブラッシングにも気をつけながら、定期検診を受けるのは良い方法です。歯周病が再発するのを防止するためにも、健康維持のためにも、歯科での定期的な検査と予防処置は前向きな方法です。

歯科で歯周病の確認をしてもらい、歯の専門家による、歯石や歯垢除去を行うことは、歯周病から歯を守るにも重要なことです。歯周病治療を終わったとしても、その後は必ずメンテナンスが必要となります。歯周病になってしまうと、歯を支えている歯肉と骨は、時間をかけて破壊されていきます。歯槽膿漏という名前で、昔は呼ばれていたものです。細菌が歯周ポケットに侵入して、歯肉には炎症が起こります。赤く歯肉が腫れあがり、歯磨きをするときには、出血をすることになります。

でも初期段階の歯周病は、こうした出血があっても痛みがないのも厄介なところです。痛みがあれば、すぐにでも歯科医院へ駆け込むからです。歯周病の進行はゆっくりではありますが、進んでしまうととても怖い病気です。これまで頑張って歯を支えてきた歯槽骨は溶けてしまうため、膿が出るようになり、安定感を失った歯はグラグラと動くようになります。この段階になって、やっと腫れが出てきたり、痛みを感じるようになります。そのまま放置すると、自然と歯は抜け落ちてしまいます。
渋谷の歯医者のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *