歯周病治療で大切な歯磨き

歯周病治療は、虫歯のように削って詰めてもらうという歯科医師にお任せする治療ではありません。

歯周病は、汚れに住みつく菌の毒素によって、歯茎が腫れたり、歯を支える骨が溶かされていく病気です。そのため、汚れを除去することが非常に大切になります。歯科医院では、歯についた汚れが固くなって、歯ブラシでは取ることのできない歯石の除去を行いますが、いくら歯石を取り除いても、また汚れが付いてしまったら元も子もありません。そのために、歯周病治療の初期の段階で歯磨きの指導を受けることがあります。お口の状態は一人一人異なるために、個人に合った磨き方をする必要があります。

歯ブラシだけで汚れが取り切れない歯と歯の間には、デンタルフロスや歯間ブラシを使用します。こうすることで、新しい汚れの付着を防ぐことができます。歯周病治療では、歯科スタッフと患者さんが一緒になって治療を進めていかなければいけません。歯科医院で歯石を取る治療が何回も続くことがあります。

一回の治療で終わればいいと患者さんは思いますが、毎回違う部位の歯石を取っているので時間がかかります。歯石は、歯の表面だけでなく、歯茎の中にも入り込んでいます。そのため、きれいにするには神経も使う細かな作業が必要になります。治療を続けていくうちに、歯茎の腫れが引くなどの良い効果を実感できると、治療が楽しくなります。しかし、途中で来院するのを辞めてしまうと、歯周病は放置していても良くならない病気なので、悪化してしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *