歯周病治療をしないと治らない

歯周病は現代病と言われているくらいにかかっている人が多いです。

成人男女の8割以上は罹患しているといわれていますが、自覚症状もなく自分が歯周病とおもっていない場合も多いです。歯周病は歯周病治療をしないと治りません。放置しておくと治るどころか、どんどん進行していってしまいます。歯周病治療を始めるにはまず歯科医院に行って検査を受けます。初診時の問診票に歯周病を改善希望という項目があるので選んでおくとスムーズです。歯科衛生士さんが、今の歯茎の状態やポケットの深さを測ります。

歯の全体のレントゲンも撮ってから、歯石がついている部位や歯周病の進行度など、詳しく説明してくれます。歯についている歯石は歯磨きではとれませんので歯石除去をしてもらう必要があります。下の歯の裏側などについていることが多いので知っている人もいるでしょう。しかし歯茎の下にも歯石ます。歯肉縁下歯石といわれるもので磨きのこしなどの細菌が歯茎のポケットにたまって歯石としてついて歯茎に炎症をおこしているのです。

特別な器具と技術が必要になりますので、予防歯科や歯周病治療に力を入れている歯科医院に行くことをおすすめします。また歯周病は治ったからと油断してはいけません。歯磨きの状態が悪いと歯肉炎から歯周病に進行してしまいます。歯科医院の定期的な検診をうけましょう。3か月から半年に一回通って歯茎や歯石の有無などをチェックしてもらい健康な状態を保ちましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *